ヴィチェンツァの旅!「パッラーディオの建築博物館」Pagina.6

サッカーの神様と出遭う!
イタリアで最も古い競技場の一つ、セリエA・ヴィチェンツァのホームグラウンド、
ロメオ・メンティスタジアムを訪れました。

Vicenza Calcio s.p.a. 1902年に創設されたクラブ。セリエCからスタートし、1933年に、セリエB。1941年、初めてセリエAに入る。 1955年から74年までセリエAに定着していたが、75年にセリエBに降格。76年に再びセリエAに返り咲き、イタリアサッカー界の英雄、パオロ・ロッシの活躍で、セリエAで2位となる。

サッカー好きの方、あるいは、イタリア人だったら全員が知っている、イタリアのスーパースター、パオロ・ロッシ。日本で言えば、長嶋茂雄さんといったところでしょうか?! 彼は、1982年のサッカー・ワールドカップで、イタリアを優勝に導いた立役者なのです!(最多得点王でもある!)
そして、なーんと、そのイタリアの英雄に、直接会って、話が出来たのです!
またもや、すごいぞ、私!ありがとう、シェンマさん!


イタリアの英雄、パオロ・ロッシ [QuickTime (2.22MB)]

パオロ・ロッシさんとのツーショット写真は、とにかくすごいです!
これを見たイタリア人たちは、たいそう驚き、 この人物がいかにすばらしいのかを、
とくとくと、こちらが嫌になる位に語ってくれます!
ちょっと立ち寄ったバールで、チラリと見せようものなら、一瞬のうちに、
私もヒーローに…。 知らない人に、何度おごってもらったことやら…。

そして、更に、あのロベルト・バッジオも、このヴィチェンツァの出身なのでした! 1980年、13歳で、ヴィチェンツァの入団テストを受け、14歳になると同時に、ゲ―ムに出場。 その後の大活躍は、ご存知の通り。(右の写真はロメオ・メンティスタジアムに飾ってある写真)
近年、セリエBに落ちている時期もありましたが、最近では復活し、いぶし銀の活躍を見せてくれるヴィチェンツァ。
これからも、新しいイタリアのヒーローを続々と作り続けて下さい!

バッジョ在籍当時の様子を語る、ジウリオ・サヴォイニ Giulio Savoini コーチ。
そして、サッカージャーナリストのアダルベルト・シェンマ Adarberto Scemma さん。



ヴィチェンツァの旅は、いかがでしたか?! イタリア建築史上において、かなり重要な建物が立ち並ぶ、まるでテーマパークのような街に、あなたも出掛けてみませんか?!
更に、ヴィチェンツァは、イタリアで最も金銀細工が盛んな街でもあるのです。
お手ごろな純銀製品を、おみやげに是非どうぞ!
シルバーグッズは、ita-lia.jpのお買い物ギャラリーでも手に入ります!
イターリア.jpお買い物情報!
ヴェネツィアングラスの腕時計から、アクセサリー、ヴィチェンツァの銀製品まで、ita-lia.jpがお届けする、セレクトショップがオープンしました!
イタリアの数々の名品を、ぜひお買い求めください!